安全への取り組み

安全に関する重点施策

  1. 全社員は輸送の安全が最も重要あるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。
  2. 輸送の安全に関する投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
  3. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において情報を伝達、共有します。
  4. 輸送の安全に関して年度末に見直しをし、必要な措置または予防措置を行います。
  5. 当社は、関係企業と密接に協力し、輸送の安全確保に努力します。

武陽観光バス株式会社

武陽観光バス安全方針

武陽観光バスは「輸送の安全確保が最優先」・「安全は最優先」という方針のもの、社長以下すべての社員が一丸となって関係法令等を遵守し、事業用自動車の安全運転・安全管理に常に努め、以下の取り組みを通じて安全管理体制の継続的な改善をし、成長していく企業になります。

  1. 輸送の安全が武陽観光の根幹であり、最優先します。
  2. 社長は、輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、率先して安全の声に耳を傾けるように常に努力します。
  3. 輸送の安全のためにP(計画策定)・D(実行)・C(チェック)・A(改善)を確実に実施し、絶えず安全輸送の向上に努めます。

2016年4月1日
武陽観光バス株式会社
代表取締役 出牛 潔

当社の安全方針および令和2年度の安全目標

安全に関する情報公開

重大事故・事故発生時の緊急連絡体制

安全管理規定

安全管理規定(別紙)組織図

安全管理規定(別紙)記録管理方法等

一般貸切旅客自動車運送事業標準運送約款

点呼・始業前点検

運行前に乗務員の体調、服装、運行ルートの確認およびアルコールチェック、バスの運行前点検を行っております。

乗務員の点呼の様子①
乗務員の点呼の様子②
運行前点検の様子①
運行前点検の様子②

運行中の安全への取り組み

途中のSAや観光地へ到着した際は、必ず輪止めをし、お客様の安全確保はもとより、タイヤチェック、エンジンチェック等を実施し、環境に対してもアイドリンクストップにも気を配り、お客様の安心安全な旅をお守りします。

輪止めの様子
アイドリングストップの様子

乗務員教育

専門の講師を招き、輸送の安全に対してのセミナーを行っております。

また、年間7~8回、乗務教育(安全会議)に出席をし、受講しております。

その他にも、ドライブレコーダーを活用した安全講習も実施しております。

専門講師によるセミナー
乗務教育
ドライブレコーダーを活用した安全講習

非常時に対応した訓練

お客様の万が一(不測の事態)に対応するため、救急救命の講習を受講しております。

また、非常口、非常信号用具の講習も実施しております。

救急救命の訓練
非常口、非常信号用具の訓練

悪条件、雪道への対応

降雪時のチェーン装着訓練も怠りません。

チェーン装着訓練の様子①
チェーン装着訓練の様子②

総括(輸送の安全に対しての表彰制度)

武陽観光バスでは、お客様に安心安全をお届けするため、日々、接客マナーの向上や安全運転に心がけております。

その一環で、無事故無違反、社内規定に基づいた目標を達成した運転手に対し、表彰制度を設けております。

表彰制度

その他

デジタコ・ドライブレコーダー・IP無線を利用した運行管理で、運行状況の確認や安全確保に関する情報を共有し、お客様が安心してご乗車いただけるよう、社員全員で安全運行を支援します。

その他